2020年度の冬期講習の受付は終了しております。
  1. ホーム
  2. 2020年度_冬期講習(ひばりが丘教室)


“できる人間”がやらない
  3つのこと。



“できる人間”がやらない
  3つのこと。


私たちは、ほんとうに忙しい子どもたちに、このことを知ってほしいと思っています。
あなたもこれを知って、お子さんにこのことを身につけてほしいと思われたなら、、、
冬休みの間に、少しでもこういったことに触れさせて、ちょっとでも成長してほしいと思ったなら、、、
① 冬期講習に試しに参加してもらえるようにしました。
教材費(1科目あたり1100円)のみで。

② もう年度末も近づいているので、年会費は頂きません。

③ 冬期講習明けの学力判定テストにもご招待いたします。
成果をしっかり確認しないと、何事も意味がありませんから。
① 冬期講習に試しに参加してもらえるようにしました。
教材費(1科目あたり1100円)のみで。

② もう年度末も近づいているので、年会費は頂きません。

③ 冬期講習明けの学力判定テストにもご招待いたします。
成果をしっかり確認しないと、何事も意味がありませんから。
ただし、各学年3名まで。【新中1(現小6)~新中3(現中2)】

お申込みは、12/18(金)まで。

授業への参加方法について

同一の授業を、①リアル通塾、②Zoomでのオンラインライブ参加の2通りで参加可能です。

冬期講習の時間割表 ↓からクリックし確認してください。

小学生 小学6年生 ※小4・5生はお問い合わせください。
中学生 中学1年生 中学2年生 中学3年生
高校生 高校1年生 高校2年生 高校3年生
from : 松本 弘幸(ひばりが丘教室長)
ここ100年で一番子どもたちが忙しい時代
突然ですが、あなたはご存知ですか?
現代の小・中学生はここ100年で最も忙しくて、時間に余裕がないらしいのです。

考えてみれば、朝、学校に行って、午後15、16時まで授業を受け、そのあと部活or習い事。終わったら塾に通う。自宅に帰ってきたら21、22時で、そこから学校の宿題をやって、お風呂に入って寝る。
こんな生活を週5~6日やっている。

…ちょっとゾッとしませんか?(私たち大人たちは、週5日会社に行って仕事しているだけでヘトヘトなのに。)

もちろん、日々の生活の忙しさだけではなくて、学校で学習する内容も、ひと昔前に比べてどんどん増えていますし、今後の大学受験を見据えると、自分自身の経験を記しておくポートフォリオの提出なんかも見越しておかなければならなかったり、そもそも英語4技能とか、記述うんぬんとかで、従来の勉強方法が通用しなくなっていきますしね。

こんな時代に、無策で入っていったらパンクしてしまいませんか?

そのような状況下でも、“できる人間”は、普通にこなしてしまう。
彼らはいったい、何を考え、どのようにやっているのでしょう。。。
「“できる人間”がやらないこと①」 
優先順位をふらずに、行動しない。
分かっているけど、なかなかできないのが、「優先順位づけ」、さらには「スケジューリング」や「タスク管理」。学校でも、定期テストのタイミングで「学習計画表」を書かせたりしていますよね?
・・・あれって、本気でほぼ毎日書いたことあります?(毎日やってたわ!って方はすみません。。。)
少なくとも、私はありません。(宿題もまともにやってなかったので、、、)

これをやらない理由は大きく分けて2つ。

① やってもやらなくても、誰も毎日見てくれるわけではないから。
子どもでも大人でも、誰かも評価してくれないものに取り組むのは、めちゃくちゃ億劫なもの。
でも、ここを突破すると、少しずつやるようになります。(私たちの教室でも、そんな感じです。)

② 優先順位を決めるための材料がないから。
結局、何からやっていいかわからない。スケジューリングをする上での最初の関門ですね。
最適な工程をえがくためには、自分の現状がある程度見ている必要があるわけですね。

その点、我々AtoZ進学セミナーでは、このような指導がなされています。
我々は、このような工程を、徹底的にやっていくだけです。

よく計画倒れになってしまう人は、「計画が無謀or無意味」か「計画通りにやらない」か、この2択だったりします。

ということは、「意味のある計画」をたてるために、現在の状況がわかる「問題」と、ひとめで、何がどのくらいできているのかがわかる「シート」があれば、可能になりませんか?また、そこからつくった計画を、プロとのミーティングによって、一対一で推敲してもらえれば、もっと簡単に、良い戦略が立てられると思いませんか?
「“できる人間”がやらないこと②」
 “あれもこれも”と闇雲にやらないし、100%にこだわらない。
人は悲しいことに、わかっていながらも“あれもこれも”といろいろなことに手をつけ、完璧などないってことを知っているのに、100%にならないと気が済まないもの。

とかく、勉強のことになると、この傾向は本当によく目にします。

少し話が逸れますが、シリコンバレーで日本人がなかなか活躍できない理由をご存知ですか?
もちろんコミュニケーション面もあるとは思いますが、大きな理由の1つとして、「60%をマッハでつくって、リリース。という感覚が日本人は弱いから」だそうです。(これは、私のアメリカにいる友人もよく言っていました。)

これを子どもたちの様子に当てはめてみると、、、
●わからない問題が多いのに、答えも見ずに考え込んで、いっこうにワークが進まない。
→もちろん、一つの問題に熱心に取り組むことは才能ですが、提出が迫っているものであれば考えものですし、最も大事なことは、テストまでに全て間に合わせることですよね?


●1つの科目ばかり、完璧になるまで取り組んでいて、他の科目がおろそかになる。
→集中的にやることはとても大事なことです。ただし、他の科目もある程度こなせる前提ですね。
したがって、大事になるのは「6割程度で先に進め!あとで戻ってくればいい!」という、システムの中に慣れさせること。例えば、試験の全科目で基本的な知識を6~7割仕入れる。そこから、文章問題などを通して、知識を確認して、苦手をつぶすなど。

そして、このことを加速させるのは、やはり何といっても、“記録すること”。
自分が今、何をどのくらいこなせているのかが把握できなければ、結局あれこれと出てきてしまいますからね。

なので、我々はこんな感じでやってます。 ※以下、ある生徒の記録です。これを子どもたちの様子に当てはめてみると、、、
もし、あなたが、「これなら毎日塾通わないといけないの?」と思われたなら、ご安心下さい。
当セミナーでは、現在急成長中のクローズドな内部SNSであるslackと、優れたプロジェクト管理ツールであるAsanaを使い、子どもたちの学習状況はもとより、質問などのあらゆるコミュニケーションを、リアルとWEBのハイブリットな環境を構築しています。
「“できる人間”がやらないこと③」 
本番だけで頑張ろうとしない。
あなたのお子さんがもしこのような思考になっていたら、厳しい現実が待っているかもしれません。
・どうせ本番で何が出題されるかわからないのだから、試験時間に頭をフル稼働してやるしかない。
・膨大に準備したところで、準備したものが全部出るわけじゃないから、準備がほどほどに。
・試験で“ミラクル”が起こるかも。いや、起こす。
かの有名なイチロー選手が、こんなことを言っています。
「試合のときにやれることはない。そこまでに準備したことを平常心でやるだけ。だから、試合で緊張したことはめったにない。」

あなたも、イチロー選手が二流、三流の選手とは思わないでしょう。一流中の一流ですよね?
そんな彼は、プロ生活(特にアメリカ・メジャーリーグに行ってから)で、ひたすらに「本番」のことではなく、「準備」にその力のほとんどをかけていたわけです。

少なくとも凡人である私は、彼ほどの努力はできないかもしれませんが、イチロー選手のように、
悲観的に準備し、楽観的に本番に臨む」ということを本気でやらなければならないと思うのです。

あなたもこのことは「大事なこと」として、認識してもらえるかと思いますが、ここは言うは易し。
だからこそ、同じことを一貫して、1000回伝える必要がある。

親御さんも、お子さんのことばかり世話しているわけではない。
だからこそ、「1000回伝える代弁者」が、必要ではありませんか?


私たちは、11年以上、ここひばりが丘の地で、一貫した教育方針のもとでやってきました。
刻々と変わっていく時代の中で、絶えず、ブレず、地域のために尽くし続ける自負があります。
【高校進学実績】
立川高校、武蔵野北高校、小金井北高校、大泉高校、調布北高校、豊多摩高校、文京高校、清瀬高校、井草高校、小平高校、石神井高校、保谷高校、武蔵丘高校、田無高校、鷺宮高校、錦城高校、東京農業大学第一高校、拓殖大学第一高校、日本大学鶴ケ丘高校、白梅学園高校(特進S)、狭山ヶ丘高校 他

【大学進学実績】
明治大学、法政大学、北里大学、成蹊大学、日本大学、東洋大学、東京経済大学、武蔵野大学 他
もちろん、コミュニケーションだけではなく、
授業もオンラインライブ(Zoom使用)でもOK。
新型コロナの第3波も近づいてきています。本当に今年は大変です。
私たちも、あなたのお子さんが安心して勉強できるように、当然オンラインライブでの授業を
ご提供することが可能です。
※リアル通塾の生徒と一緒に、同一の授業にWEB経由で参加する形になります。
無料体験でも、内容は冬期講習といっしょです。
冬休みで学校もないタイミングですから、学校の授業が進まないタイミングで、これまで習ってきたことを復習したいですよね?

ですので、無料体験授業とはいっても、いつも通りの季節講習と同じように、これまでの総復習+3学期の先取り授業で実施していきます。

冬期講習は1授業50分で、計8回で実施しています。(小学生は計6回。)
これで、1科目分です。中2の場合は国語・数学・英語の3科目すべてを受講した場合には、上記が3倍です。小6・中1はまずは2科目の受講でやっていきたいと思っています。

冬期講習 概要

日程 【前期】12/23(水)~12/29(火)
【後期】1/4(月)~1/8(金)
※12/30(水)~1/3(日)は休室。
※多少、12/21(月)より前倒して実施することがあります。
時間数 【セミナー生】11/24(火)~12/7(月)
【外部生】11/24(火)~12/18(金)
時間割
確定日
12/11(金)を予定。

本科グループの授業でも、可能な限りお子さんの授業参加不可のタイミングを外して、
時間割を策定しておりますので、ご予定がある方はお早めにお申し込み下さい。
ここでお願いがあります。
「無料体験授業」とは言ったものの、季節講習と同じように授業を進めていきたいですので、1冊テキストを使わせてください。なので、テキスト以外のプリント代と合わせて、1科目あたり1100円(税込)だけ頂戴できればと思います。ですので、最大で3300円(税込)だけお願いします。
(※3科目受講の場合)


しかし、1科目あたり1100円(税込)で「通常の季節講習」並みの授業が受けられて、一通り私たちの塾を体験できるとしたら、そして、市販されていない、塾専用のテキストが手に入り、くり返し勉強に使えるとしたら、あなたにとってリスクはほとんどないはずです。
あなたのリスクは、すべて私たちが負います。
今回の無料体験のオファーは、塾の季節講習時にはよくある、「冬期講習前に入塾を決められた方向け」のものではありません。

あなたと、あなたのお子さんが、この期間で私たちのやっていることに魅力を感じなければ、入塾してもらう必要はありません。

もし、あなたと、あなたのお子さんが、私たちを気に入っていただけたなら、この無料体験の期間が終了した後、入塾の申し込みをしていただければ幸いです。
ちょっと待ってください。まだ、あります。
体験授業の期間が終わって、入塾を決められた場合、 来年度への更新に
かかる「年会費 11000円(税込)」は、かかりません。
学習塾では、年度の最初に年会費が発生することがほとんどです。
当然、AtoZ進学セミナーでも年度の初め(3月からが新年度です)に、11000円(税込)の「年会費」が発生します。

今回のオファーに参加された場合には、最短でも1月の入塾となります。そのときに、入会金・年会費が発生しますが、「新年度(3月)までの2か月間のために、年会費を支払うのも…」と思われる方も多いと思いますので、今回のオファーに限り、来年度の年会費11000円(税込)はかかりません。
これは12月18日(金)まで、
新中1~新中3【現小6~現中2】 各3名ずつまでの限定オファーです。
このオファーは12月18日(金)までの限定オファーです。もし、そのあとにお問い合わせ頂いた場合には、正規の冬期講習料金をいただくことになってしまいます。

ちなみに、正規の冬期講習の料金は、現中2生で3科目受講の場合、40480円(税込)、現中1生で2科目受講の場合、32780円(税込)、現小6で2科目受講の場合、17380円(税込)です。
※これは、入塾しているセミナー生料金です。

そして、来年度の年会費11000円(税込)も頂くことになってしまいます。
あなたのお子さんのためにも、
あなたには今、2つの道があります。
もし、あなたがお子さんの学習状況や環境に不安があるなら、
もし、あなたがお子さんの成績がもっと上がる方法を考えているなら、
もし、あなたがお子さんのことをよくわかってくれる場所をお探しなら、

私たちは必ず助けになれると思って、この文章を書いています。

現状のまま、何も変えずに待つことも、それはそれで一つの考え方かもしれません。
でも、あなたが「ウチの子に、もっと幸せになってもらいたい。」と思うなら、一歩進んでほしいと思います。

あなたが、お子さんのために最高の投資ができるように、私は今、できる限りのサポートをしたつもりです。あなたのリスクもほとんど私が消しました。あとは、あなたが決める番です。

ぜひ、今回のオファーへの参加を知らせてください。

申し込み方法

① 上のボタンをクリックして、問い合わせフォームに必要事項と「冬期講習体験授業に申し込み」にチェックを入れて、送信してください。改めて、私から折り返しご連絡差し上げます。


② 直接、AtoZ進学セミナーまでお電話ください。「冬の体験授業」と言ってもらえれば、スムーズです。お電話にて、詳しいお話をさせて頂きます。
 TEL:042-423-5525(平日16:00~22:00まで受付)

③ もちろん、当セミナーまで直接足を運んでいただいても、大丈夫です。
ただし、私たちが授業をしている場合には、お待ちいただいてしまうこともありますので、
できれば、一度お電話いただくか、ホームページよりお申込みいただければ、お待ち頂くことも
ないです。ぜひ、今回のオファーへの参加を知らせてください。
※本キャンペーンは、0/00までに中3本科(グループ授業)5科目以上、中2以下は本科3科以上で新規入会された方に適用になります。冬期講習の受講をお考えの方は別途ご相談下さい。
※マンツーマンクラスのみまたはマンツーマンクラスとの併用をご希望の方は、別途ご相談下さい。
※友人・兄弟姉妹同時入塾での優遇割引あり。
※いずれのキャンペーンもこれまでAtoZ進学セミナーの授業を受講したことがない方が対象となります。
※キャンペーン適用人数には限りがございますので、ご希望の方はお早めにお問い合わせください。

受講費用